C-HR値引きレポートとシーエイチアール限界相場

6915

トヨタC-HRの限界値引き相場

C-HRの限界値引きを突破する方法です

 

6911

 

2016年末に登場したトヨタC-HR(シーエイチアール)ですが、新しい車が好きだという人は気になるところですよね。
しかし、新型の車というのは値引きも少なくて気軽に購入をすることができないだけに、値引き相場はどのぐらいになるのかというのも興味が湧いてくる部分の一つとなります。

 

それではトヨタC-HRの限界値引き相場はどのぐらいかというと、総額で10万円も行けば良い方だと考えられます

 

これは、C-HRにかぎらずどのような新型車であっても同じことで、出たばかりの車は総額で10万円程度が限界だといえるのです。
車両本体から5万円、オプションから5万円の合計10万円ぐらいが基本となります

 

ただし、これはあくまでも平均的に見た場合の話でありそれまでの付き合いもありますし、地域差もあります。
例えば新型車が出る度に乗り換えをしているという人であれば、長い付き合いがあるということで限界を超えた値引きがあり、2-30万円も安くなるということはないとはいえません。
逆に地域によっては新型車は値引きをしないという方針をとっていることもありますから、合計でオプションの分ぐらいしか安くならず5万円程度しか値引いてくれないということもあります。

 

そのため、トヨタC-HRを値引きしてもらおうと思ったときには10万円が限界のラインだと考えて、それを基準として交渉に当たると良いでしょう。
また、出始めというのはどうしても値引きが厳しくなってしまいますから、安く買いたいなら少し待ってみるというのもひとつの方法となります。

 

C-HRを値引き相場より安く買う方法とは?

C-HRの値引き額は10万円が限界値引き相場となりますので、大幅な値引きは期待しない方がよいでしょう。

 

C-HRを安く買いたいなら、値引き以外の方法で安くすることを考えましょう。

 

C-HRの値引きは期待できませんので、一番安く買いたいのであれば、あなたの下取り車を最高額で売ることを考えましょう

 

その理由は、ディーラーの下取り額は非常に安く、中古車買取業者より20万円以上安い査定額となることが多く下取りに出すと損することになるからです。

 

そこで、ディーラーの下取り査定の前に、無料の車買取一括査定サイトで複数の車買取会社に査定してもらいディーラーの下取り査定額と比較しましょう

 

そして一番高い査定価格を出した業者に売却する方法が一番高く売ることができます

 

おすすめの車買取一括査定サイトはこちらです。

 

かんたん車査定ガイド

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://a-satei.com/

 

 

 

 

C-HR値引きのポイント:ディーラー下取りと車買取サイトの査定額を比較し高い方に売る

C-HRを少しでもお得に購入するなら、車本体の値引きだけでなく、売却する現在の愛車を高く売ることも大切です。
少しでも高く売ることによって予算が増えるので、結果的にC-HRをお得に買えることになるからです。
なので、購入時に交渉をして値引きすることだけを考えるのではなく、これまで乗った愛車を高く売却することもポイントになります。

 

C-HRへの買い替えをするときに、乗っていた愛車を売却するなら、多くの人はディーラー下取りを利用するかもしれません。
しかし、ディーラー下取りは手間がかからないので便利ですが、査定額は低くなりがちです。

 

ディーラー下取りより高く愛車を売ることができるのが、車買取サイトです。
車買取サイトの査定額をディーラー下取りと比較すると、全体的に高額になります。
ディーラーとは違い車買取サイトは高額で売却するルートを持っているので、査定額も高くなるのです。
ですから、C-HRへの買い替えで愛車を売却するなら、車買取サイトを利用しましょう。

 

しかし、車買取サイトはそれぞれで査定額には差があるので、ここでも比較は大切です。
数多くの車買取サイトの査定額を比較するなら、一括査定サービスを利用しましょう。
一括査定サービスを利用すれば、各社の査定額を簡単に比較することができます。
手間をかけず素早く愛車を売却してC-HRへの買い替えをスムーズにしてくれるので、車買取サイトを使うなら便利なサービスです。

トヨタC-HRの値引きのコツ

2016年内に国内販売が予定されている、トヨタの新型コンパクトSUV「C-HR」は、9月24日から先行予約が開始、11月よりWEBで先行商談受付が開始されます。
C-HRはトヨタ店、トヨタカローラ店、トヨペット店、ネッツ店のトヨタの販売店全チャンネルでの取り扱いとなります。
その注目度の高さから、値引きはかなり難しく、数万円程度になるものと思われます。

 

発売前予約時の値引き相場は、オプション含む平均相場が5万円、車両本体の目標額が5万円と言われています。
人気モデルは、6ヶ月以上の納車待ちとなる場合もありますので、C-HRも6ヶ月以上待ちとなることが予想されます。

 

このように、今話題の車として大変注目を集めている、トヨタC-HRの、値引きのコツというものはあるのでしょうか?
先ずは、複数のトヨタディーラーを回って、C-HRの見積もりをしてもらうことが大切です。
店舗ごと競わせることによって、より大きな値引き額を引き出す方法として有効です。

 

また、C-HR購入時に払うのは、車両価格だけではありませんので、諸費用、オプション費用も含めて、総合的に判断しましょう。
そして、値引き交渉と、現在乗っている愛車の下取りは、別々に進める必要があります。少しでも安く買うためにも、下取り車を最高額で売ることを考えましょう。
懸命な交渉の末に得た値引き額よりも、愛車を買い取ってもらった時の価格差の方が大きい場合があるからです。

C-HRはディーラーオプションから値引きをしてもらうのがコツです

C-HRは日本の自動車メーカーであるトヨタが2016年に新発売するミドルクラスのSUVです。
広い室内空間と低燃費、そして高い走行性能と特徴的なエクステリアによって非常に注目されている自動車となっています。

 

C-HRは他の新発売の自動車と同様、発売当時からしばらくは多くの値引きを期待することはできません。 
車両本体の価格を下げるにしても5パーセントから7パーセント程度の値引きが限界とされています。

 

一方で本体価格の値引きよりもディーラーがサービスをしてくれる可能性が高いものに、オプションがあります。 
C-HRの基本的なオプションとしては、本革シート、専用のアクセサリーコンセント、LEDヘッドランプ、バックカメラ、寒冷地仕様、そして車両カラーがあります。

 

上記のオプションの他に値引き対象となるのがディーラーオプションです。 
その店舗が売りにしているオプションは基本的なオプションよりも値引き交渉がしやすいため、狙ってみるのも良いでしょう。
各店舗によってメタリックスタイルやアーバンスタイルなど、エクステリアに特徴をもたせるオプションで、トヨタが提携している店舗によって追加できるスタイルが異なっているのが特徴です。 外観に変化をもたせたい人は、このスタイル変更という項目を値引き交渉のひとつとして利用すると良いでしょう。
またグレードごとにディーラーが追加できるものが違うため、あらかじめ購入予定のグレードをしっかりと絞っておくことが大切です。

C-HRの値引き交渉テクニック

2016年に新発売されたC-HRは、ミドルクラスのSUVということで広い室内空間の確保と取り回しの良さを兼ね備えた自動車として注目されています。
新発売車種ということでディーラーなどの販売店にとっては値引きせずとも自然と売れる可能性が高いため、他の現行車種と比べて値引き交渉をしても5パーセントから7パーセント値引きができれば成功で、少し前に販売された他車のように10パーセント値引きができれば大成功だと考えましょう。

 

まず、C-HRを販売しているディーラー店舗を、いくつか見てまわりましょう。 
それぞれのディーラーも車を売って儲けを得なければならないため、他の店舗にお客をとられたくはありません。 
まず店舗ごとに競ってもらい、値引き額の高い店舗やオプションその他の見積り額の合計が安い店舗に注目し、「べつのディーラー店ではもう少し安かった」というかたちで交渉していきます。

 

また、現在運転している車がある場合は、交渉の際に下取り前提で話しを始めるのは控えましょう。 
買取店などで現在乗っている車の買取相場を調べてから、そのなかで最も高い買い取り額とディーラーが答えた下取り額を照らし合わせて交渉するようにしましょう。 
もしディーラーが買取相場限度額を提示してきた場合は、交渉成功と言えるでしょう。

 

また、C-HRとモデルが近い他社の車と購入を迷っていると言うのもひとつの手段です。 
他社のミドルクラスのSUVを調べて値引き交渉の材料にしましょう。

トヨタC-HR値引きレポート

C-HRの限界値引きを突破!

 

 

 

下取り車を最高額で買取ります

C-HRの下取り車が一番高く売れるから値引きで損しません

下取り車が一番高く売れるから損しない!

C-HRの値引き交渉で損しない方法です。